関連キーワード

噂で探る、Windows 9でSurfaceはどう進化するのか? - Vol.2: Windows Phoneと統合された真のモバイルOSに進化か?

2014年3月4日 配信

次期Windowsである「Windows 9」について、少しずつ噂が出てきました。2014年3月までに出ている噂などをまとめて、数回に分けて次期WindowsとSurfaceの進化を探ります。

それぞれの特性に合わせたWindowsが用意される?


前回のお伝えした通り、次期Windowsでは「モバイル向け」、「デスクトップ向け」、「エンタープライズ向け」の3つのバージョンを用意していると噂されています。

(1)「モダン・コンシューマSKU」
Windows RTとWindows Phoneを統合して、モバイルデバイス向けのインターフェースに。GoogleのChromebookに対抗するとの見方も。

(2)「トラディショナル・コンシューマSKU」
従来のデスクトップユーザー向けのインターフェース。スタートメニューが復活するとの噂も。

(3)「エンタープライズSKU」
企業向けのボリュームライセンス

Surfaceシリーズは大きくわけて、Windowsストアアプリしかインストール出来ないRT系と呼ばれる「Windows RT 8.1」を搭載したSurface、Surface 2と、従来と同じWindowsを搭載したSurface Pro、Surface Pro 2の2種類に分けられ、上記でいうと(1)と(2)にあたります。

このうちRT系のSurfaceにはモバイル向けOSである「モダン・コンシューマSKU」Windowsが搭載されると見られます。

この「モダン・コンシューマSKU」Windowsは、Windowsスマートフォン「Windows Phone」と統合され、iPhoneとiPadで同じOSを採用するAppleの「iOS」と同じような形になるのではないかと噂されています。

Windows 9イメージ
ユーザー作成のコンセプトイメージ(出典:eiskis.net)

Windows Phoneと統合というと「せっかくPCみたいに使えるのがSurfaceのメリットなのに・・・」と思ってしまいますが、次期Windows 9では、Windows8.1で物議を醸した「Metro UI」がバージョン2になり、デスクトップ画面でもWindowsストアアプリを一つのウィンドウで開けるようになり、従来のアプリと、Windowsストアアプリの境界線がなくなるとされています。

そうなると、話は全く変わってきて、フルスクリーンアプリしかインストールが出来ないSurface RT、Surface 2でも、PCスタイルでの作業がより捗るようになり、ソフトウェアメーカーとしても、デスクトップでバリバリ使ってもらえるようになるなら、Windowsストアアプリを積極的にリリースしてくるかもしれません。


無視出来ない「Google Chromebook」の存在


GoogleがプロデュースしたOS「Chrome OS」を搭載し、最安値で199ドルから買えるノートPC「Chromebook」は、2013年末の米Amazon人気ランキング上位を独占し、2013年のノートPCシェアで9%を占めるほどの人気機種になっています。

Chromebookは、これまでWindows XPを使っていた企業や教育機関が、
・無償でスピーディに最新OSにアップデートされる
・導入コストが低い(Windowsライセンス2個分ほどで新しいPCが買える)
・ウイルス対策ソフトのインストールなど、管理コストが低い
といった理由で積極的に導入しているそうで、それはまさに「Windows XPからの乗り換え組」がWindowsではなく、Chromebookを選択しているという現れです。

そうした状況から、次期Windows「モダン・コンシューマSKU」を低価格PCに搭載させ、Chromebookに対抗すると見られているのです。そう考えると、次期Surface3は、次期Windows「モダン・コンシューマSKU」を搭載し、今よりも低価格でリリースされることもありそうです。


Windows 9では中途半端な存在にもなり得る「Surface Pro」シリーズ


一方で、Surface Proシリーズについては、純粋なWindows PCなので、(1)(2)のどちらとも搭載される可能性があります。

ただ、SurfaceシリーズがMicrosoftのフラグシップ機であることを考えると、(1)の「モダン・コンシューマSKU」を搭載しつつ、従来のアプリも自由にインストールできるようにするかもしれません。

従来のユーザーから支持の高い「Surface Pro」シリーズをどう進化させていくのかが、Microsoftの今後の戦略に大きな影響を与えそうです。


次回、「噂で探る、Windows 9でSurfaceはどう進化するのか? - Vol.3」では、Windows 9がいつリリースされるのか、などを探っていきたいと思います。

噂で探る、Windows 9でSurfaceはどう進化するのか? - Vol.3: BUILD2014でWindows 9を発表か?
  • [PR]

  • [PR]

新着ニュース

  • 日本マイクロソフト、Surface Bookの国内販売を2月4日スタート
    日本マイクロソフト、Surface Bookの国内販売を2月4日スタート
    2016年1月13日 配信

    日本マイクロソフトは、マイクロソフトの新型Surfaceシリーズ「Surface Book」の国内販売を2016年2月4日からスタートすると発表しました。先行予約は1月14日スタート。

  • 日本マイクロソフト、Surface Pro 4の日本発売を発表
    日本マイクロソフト、Surface Pro 4の日本発売を発表
    2015年10月23日 配信

    日本マイクロソフトは、Surface Proシリーズ最新版、Surface Pro 4の日本発売を発表しました。発売日は2015年11月12日(木)で、価格は最安値モデルが124,800円から。予約スタートは10月23日(金) からとなっています。

  • Microsoft、新製品発表会を10/6開催 Surface Pro 4発表か
    Microsoft、新製品発表会を10/6開催 Surface Pro 4発表か
    2015年9月16日 配信

    海外メディアが報じたところによると、Microsoftは新製品発表イベントの案内を一部メディアに送付した模様です。案内によると発表会は2015年10月6日10時(日本時間午後11時)スタートの予定です。

  • 日本マイクロソフト、Surface 3を日本発売
    日本マイクロソフト、Surface 3を日本発売
    2015年6月19日 配信

    日本マイクロソフトは、Surface 3を日本発売開始しました。一般向け発売モデルはLTE搭載モデルのみで、64GBモデル、128GBモデルの2種類がラインナップされています。

  • ワイモバイル、Surface 3 LTEモデルを日本で発売
    ワイモバイル、Surface 3 LTEモデルを日本で発売
    2015年5月19日 配信

    ワイモバイルは、マイクロソフトの新型タブレットPC・Surface 3 LTEモデルを日本で発売を発表しました。価格や発売時期は未定。SurfaceシリーズのLTE版が発売されるのはこれが初めて。

[PR]

特集

快適度がアップ!「Windows 8.1 Update 1」特集

[PR]

デル株式会社